2021.8.11

「dfplus.io」が、Shopifyを利用する
セレクトショップ「Forget-me-nots Online Store」の
データフィード管理環境に採用されました。
Googleに連携した商品データの一括編集が可能に

Shopify Expertsである株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」は、Shopifyを利用するスニーカー・アパレルセレクトショップ「Forget-me-nots Online Store」(運営:株式会社スタージョイナス、所在地:静岡県静岡市葵区、代表取締役:松下 一英)のデータフィード管理環境として採用されました。
ウィメンズオンリーのスニーカー・アパレルセレクトショップ
「Forget-me-nots Online Store」
https://forgetmenots.jp/

Shopifyを利用する「Forget-me-nots」は、「dfplus.io」でデータフィードを作成・管理

Forget-me-notsは、クリエイティブで自立した20代〜30代の女性に向け、スニーカーを中心にストリート ファッションと国内外のデザイナーズクロージングをミックスした都会的で新しい時代のスタイルを提案します。アパレルブランドを複数展開する株式会社スタージョイナスの新規事業として、2021年3月に立ち上げられました。

Forget-me-nots Online Storeは、マルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify」を利用していますが、そのデータフィード管理環境として「dfplus.io」が採用されました。同ツールの「Shopifyとのデータ連携」機能を使うことによって、Googleショッピング広告の出稿に必要なデータフィードの作成にかかる手間が大幅に削減されました。

Forget-me-nots Online Store様のコメント

Googleと連携するための純正アプリは、フィードの内容を一括で編集することが難しく、使いづらさがありました。また、別のアプリで商品データをエクスポートし、FTPサーバーにアップロードする方法も試してみましたが、こちらもあまり良くありませんでした。データの内容に不備があって、その修正に手間がかかっていたからです。何か良い方法はないかと、頭を悩ませていました。

dfplus.ioの「Shopifyとのデータ連携」機能を使うことで、上記の悩みは解消され、手間がかなり削減されました。Googleショッピング広告用のフィードの作成や、ルールによるカスタマイズも簡単に出来るようになりました。項目名も日本語に変換されていて読みやすいです。非常に助かっています。

「Shopify」とのデータ連携について

データフィード管理ツール「dfplus.io」は、日本製データフィード管理ツールとしては初めて、マルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」とのデータ連携を2021年6月に開始しました。

この連携により、Shopifyを利用している事業者(マーチャント)やその支援事業者は、Shopify上の商品データを1日5回「dfplus.io」に定期インポートできるようになり、Googleショッピング広告やInstagramショッピング等の手軽なスタート、より成果の出やすい商品データへの最適化、商品データ活用の一元管理が可能になります。

(詳しくはこちら

その他の機能、料金、より詳しい情報はサービス資料をご確認下さい。

無料のトライアルのご案内

dfplus.io は何度でもお申込みいただける、無料トライアルプランをご用意しております。Shopifyとのデータ連携機能もすぐにお試しいただくことが可能ですので、お気軽にお申込みください。

無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/
Shopifyアプリストアで「dfplus.io」を確認:https://apps.shopify.com/dfplusio

マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」について

「dfplus.io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。Googleショッピング広告、Criteo、Facebookダイナミック広告など商品データを利用する各種広告のための管理・最適化機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店様、広告主様から支持されています。

サービスサイト:https://dfplus.io/
使い方・tipsブログ:https://blog.dfplus.io
無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
本件についてご興味がおありの方は
お気軽にお問い合わせください。
詳細を問い合わせる
株式会社フィードフォース
担当:千葉、安藤
TEL:050-3116-8616 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666
E-mail:pr@feedforce.jp
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close