2021.7.13

「dfplus.io」が、Shopifyを利用するオンライン薬局「ミナカラ」の
データフィード管理環境に採用されました。
Googleショッピング広告のスムーズな出稿を可能に

Shopify Expertsである株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」は、Shopifyを利用するオンライン薬局「ミナカラ」(運営:株式会社ミナカラ、所在地:東京都千代田区、代表取締役 :喜納 信也)のデータフィード管理環境として採用されました。
オンライン薬局「ミナカラ」
https://minacolor.com/

Shopifyを利用する「ミナカラ」は、「dfplus.io」でデータフィードを作成・管理

「ミナカラ」は、ユーザーが正しい知識とともに医薬品を購入できるオンライン薬局です。

オフラインの薬局と同じように、薬剤師や薬剤師が保有する情報から自分の症状にあった薬を知ることはもちろん、インターネット決済での購入(※)、その後の服薬管理まで一気通貫で価値提供をしています。

※各医薬品は、医薬品区分の規定に基づいた販売方法にてご提供しております。

ミナカラは、マルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify」を利用していますが、そのデータフィード管理環境として「dfplus.io」が採用されました。同ツールの「Shopifyとのデータ連携」機能を使うことによって、Googleショッピング広告の出稿に必要なデータフィードの作成が簡単に出来るようになりました。

ミナカラ様のコメント

Googleショッピング広告に出稿するデータフィード作成のために、Shopifyとのデータ連携機能を活用しています。Googleショッピング広告に出稿するための手段としては、Shopifyの純正アプリがありますが、こちらよりもdfplus.ioの方が優れていると感じました。ルールを細かく設定することで、商品名や、説明文章、カテゴリなどの調整が可能で、意図通りのデータフィードを作成することができます。

また、サポート担当の方が質問に対して的確に回答してくれるので、連携の設定も非常にスムーズでした。技術的な部分に詳しくない人でも安心して使えるツールだと感じています。

今後さらに使いやすくなっていくことを期待しています。

「Shopify」とのデータ連携について

データフィード管理ツール「dfplus.io」は、日本製データフィード管理ツールとしては初めて、マルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」とのデータ連携を2021年6月に開始しました。

この連携により、Shopifyを利用している事業者(マーチャント)やその支援事業者は、Shopify上の商品データを1日5回「dfplus.io」に定期インポートできるようになり、Googleショッピング広告やInstagramショッピング等の手軽なスタート、より成果の出やすい商品データへの最適化、商品データ活用の一元管理が可能になります。

(詳しくはこちら

その他の機能、料金、より詳しい情報はサービス資料をご確認下さい。

無料のトライアルのご案内

dfplus.io は何度でもお申込みいただける、無料トライアルプランをご用意しております。Shopifyとのデータ連携機能もすぐにお試しいただくことが可能ですので、お気軽にお申込みください。

無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/
Shopifyアプリストアで「dfplus.io」を確認:https://apps.shopify.com/dfplusio

マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」について

「dfplus.io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。Googleショッピング広告、Criteo、Facebookダイナミック広告など商品データを利用する各種広告のための管理・最適化機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店様、広告主様から支持されています。

サービスサイト:https://dfplus.io/
使い方・tipsブログ:https://blog.dfplus.io
無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
本件についてご興味がおありの方は
お気軽にお問い合わせください。
詳細を問い合わせる
株式会社フィードフォース
担当:千葉、安藤
TEL:050-3116-8616 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666
E-mail:pr@feedforce.jp
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close