dfplus.io 利用規約

第1条 (利用規約の適用)
  1. 株式会社フィードフォース(以下、「当社」といいます。)は、dfplus.io 利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、本規約に基づいてdfplus.ioを提供します。
  2. 本サービス(次条で定義します。)の利用の申込みを行い、契約をした者(以下、「契約者」といいます。)は、本規約に基づいて本サービスの提供を受けるものとします。
  3. 本規約に基づく本サービスの利用契約(以下、「本契約」といいます。)は、契約者が本規約に同意し、本サービスの利用の申込みを行い、第3条第2項に定める承諾及び通知がされることにより成立します。
  4. 契約者が本サービスを利用する場合は、本規約に必ず同意して利用するものとし、当社は契約者が本サービスを利用した場合、本規約に同意したものとみなします。
  5. 本規約は、本契約成立日における本サービスに関する契約者と当社との間のすべての合意事項を規定するものであり、本サービスに関する合意事項、各種資料、申入れ等が本規約の内容と相違する場合は、本規約の内容が優先するものとします。
  6. 前項の規定にかかわらず、本規約以外に書面による個別の利用契約(以下、「個別契約」といいます。)を結ぶ場合で、本規約と個別契約との規定が異なる場合は、個別契約の規定が本規約に優先して適用されるものとします。
第2条 (定義)
本規約において、次の用語は以下のとおり定義されます。

  1. 「本サービス」 契約者設備等において、契約者が利用できる各種機能、及びそれらの管理を実現するソフトウェア及びテクノロジーをいい、dfplus.ioという名称で当社が著作権等の知的財産権その他の権利を保有し、かつ実施する利用権提供型サービス。ただし、理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。
  2. 「契約希望者」 本サービスの利用を希望する者
  3. 「フィード」 契約者が保有する商品や商材等のデータを送信先のフォーマットに変換したデータ
  4. 「フィード送信先」 第三者が提供しているサービスで、契約者が、提供するフォーマットに対応したフィードを送信することで、フィードがインターネット上のコンテンツとして表示される機能を持つサービス
  5. 「フィード送信先事業者」 フィード送信先のサービスを提供する第三者
  6. 「フィード送信先利用規約」 契約者とフィード送信先事業者との権利関係を定める規約
  7. 「契約者設備」 本サービスの提供を受けるため契約者が設置するコンピュータ、電気通信設備その他の機器及びソフトウェア
  8. 「契約者設備等」 契約者設備並びに本サービスの提供を受けるにあたり契約者が第三者より借り受ける設備及びそれらの設備において提供されるウェブサイト、ウェブページ
  9. 「本サービス用設備」 本サービスを提供するにあたり、当社が設置するコンピュータ、電気通信設備その他の機器及びソフトウェア
  10. 「本サービス用設備等」 本サービス用設備及び本サービスを提供するにあたり、当社が第三者より借り受ける設備
  11. 「ID」 契約者とその他の者を識別するために用いられる符号
  12. 「パスワード」 仮パスワード、正式パスワード、その他IDとの組み合わせにより、契約者とその他の者を識別するために用いられる符号
  13. 「トライアルプラン」 本契約が成立した日から当社が定めた期間の終了日まで、別途当社が定め、当社ウェブサイトに掲載する機能を無料で利用できるプラン
  14. 「正式利用プラン」 本契約が成立した日から別途当社が定め、当社ウェブサイトに掲載する機能を利用できるプラン
第3条 (本サービスの申込方法)
  1. 契約希望者が、本サービス利用の申込みをするときは、当社が別途定める指定の利用申込書による申込み、又は、当社が提供する所定の申込フォーム(以下、「サービス利用申込フォーム」といいます。)に必要事項を入力し、当社に送信するものとします。
  2. 前項の申込みを当社が承諾し、当社が、サービスを利用する為のID及びパスワード等(以下、「アカウント」といいます。)を発行してアカウントを通知することにより本契約が成立するものとします。
  3. 利用の申込みは必ず本サービスを利用しようとする者自身が行わなければならず、当社が別途承諾した場合を除き、代理人による申込みは認められません。また、契約希望者は、申込みにあたり、真実、完全、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。
  4. 当社は当社所定の手続きに則り、申込みに対して審査を行います。審査の結果、契約希望者が以下の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合、申込みを承諾しないことができるものとし、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
    1. 本サービスに関する金銭債務の不履行、その他本契約に違反したことを理由として本契約を解除されたことがあるとき
    2. 利用の申込みに虚偽の記載、誤記があったとき又は記入漏れがあったとき
    3. 本規約に違反するとき
    4. 過去に本規約違反に基づく措置が講じられていた者からの申込みであるとき
    5. 金銭債務その他本契約に基づく債務の履行を怠る可能性が合理的に認められるとき
    6. 法令により禁止されている行為もしくは公序良俗に反する行為を行い、又は第三者にこれを行わせるおそれがあるとき
    7. 反社会的勢力(第23条で定義します。)である場合、又は反社会的勢力に関与しているとき
    8. 当社及び本サービスの情報収集活動を目的とした同業者からの申込みと認められるとき、又は本サービスと競業し得る事業を行う者からの申込みと認められるとき
    9. 本サービスの提供にあたり、業務上又は技術上の問題が生じるとき
    10. その他当社が不適当と判断したとき
  5. 当社は、本契約成立後、契約者が前項の各号のいずれかに該当した場合又は該当すると当社が判断した場合には、契約者に通知することなく、本契約を解除し又は本サービスの全部若しくは一部の利用を拒否することができます。当該措置により契約者に生じた損害について当社は一切責任を負わないものとします。
  6. 契約者は、本契約成立後に申込み時に入力した情報その他当社に提供した情報に変更が生じた場合は、当社が別途定める方法により、速やかに当社に届出るものとします。契約者がかかる届出を怠ったことにより、当社からの通知の不達など何らかの不利益が生じた場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。
第4条 (本サービスの利用)
  1. 契約者は、本サービスの利用に必要となる契約者設備等の準備、フィード送信先事業者との間の契約締結等その他本サービスの利用のため必要な行為を、自己の費用と責任で行うものとします。
  2. 契約者は、本契約の契約期間中、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができるものとします。
  3. 契約者が利用できる本サービスの内容は、本契約で選択されたプランに従うものとします。
第5条 (契約期間)
  1. 本サービスのトライアルプランの契約期間は、本契約が成立した日から当社が当社ウェブサイトに記載するトライアルプランの期間の終了日までとします。
  2. 本サービスの正式利用プランの契約期間は、本契約が成立した日の属する月の翌月から起算して3か月間とします。ただし、当社が定める方法により期間満了日までに契約者及び当社のいずれからも所定の解約の申出がないときは、同一条件をもって、利用契約はさらに1か月間自動的に更新されるものとし、以後もまた同様とします。
第6条 (本サービスの契約者による解約)
  1. 契約者は、当社に対し、当社指定の解約申請フォームから申し出ることにより、本契約を解約できるものとします。ただし、解約を希望する契約者に未払債務が存在する場合、契約者は本契約を解約できないものとします。
  2. 前項に定める解約申請フォームからの申し出が当社に到達し、当社が当該申し出を承認した日を含む月の末日をもって本契約は終了するものとします。なお、当社は、前項但書所定の事由その他合理的な理由がある場合を除き、前項の申し出を承認するものとします。
  3. 契約者は、本契約が成立した日の属する月の翌月から起算して3か月(以下、「最短契約期間」といいます。)以内に解約を行う場合は、当社が定める期限までに、解約日以降最短利用期間満了日までの期間の利用料金に相当する額及びその消費税相当額を一括して当社に支払うものとします。
第7条 (対価及び支払条件)
  1. 契約者は、本契約において提供される本サービスの対価として、別途当社が定める正式利用プランに応じた利用料(以下、「利用料」といいます。)及びこれにかかる消費税等の合計額を当社に支払うものとします。
  2. 前項の支払いについては、当月末締め分を翌月末までに当社の指定する銀行口座に振込入金することにより行うものとします。振込手数料その他支払いに必要な費用は契約者の負担とします。
  3. 契約者は、月の途中で本サービスの利用を終了したことにより、その月の利用が1か月間に満たない場合も、1か月分の利用料を支払うこととします。ただし、正式利用プランの申込みをした日から申込みをした日が属する月の末日まで1か月に満たない場合の利用料は、初回の申込み時は無料、二回目以降の申込み時はご契約日数に応じた日割り計算とします。なお、利用料の算出にあたり、その算出結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
  4. 契約者は、本サービスの利用料又は支払方法、及び料金プランを改定することがあることに予め同意するものとします。なお、利用料金の改定は、本規約に定める利用規約変更の手続きに準じて行います。
  5. 料金プランが改定された場合、当該改定後の契約者は、改定後の料金プランを利用するものとします。
  6. 料金プランが改定された場合、当該改定前の契約者は、改定後の料金プランに移行するものとします。
  7. 利用期間において本契約に定める本サービスの中断、利用の拒否その他の事由により本サービスを利用することができない状態が生じたときであっても、契約者は、利用期間中の利用料の支払いを要します。ただし、当社の責に帰すべき事由により本サービスを全く利用できない状態(以下「利用不能」といいます。)が24時間以上継続する場合、利用不能の日数に応じた利用料についてはこの限りではありません。
  8. 契約者が、利用料の支払いを怠ったときは、当社に対し年14%の割合による遅延損害金(年365日の日割計算)を支払うものとします。
  9. 契約者が、当社に支払った利用料は、本契約が解除された場合その他事由のいかんを問わず返還しないものとします。
第8条 (業務の再委託)
当社は、契約者に対する本サービスの提供に関して必要となる業務の全部又は一部を当社の判断にて第三者に委託することができます。
第9条 (当社の義務)
  1. 当社は、本サービスの利用期間中、善良なる管理者の注意をもって本サービスを提供するものとします。
  2. 当社は前項に基づき、本サービス用設備等に障害があることを知ったときは遅滞なく契約者にその旨を通知するよう努めるとともに、修理又は復旧のための作業に着手し、その修理又は復旧に努めるものとします。
  3. 上記のほか、本サービスに不具合が発生したときは、当社は行うべき対応措置を決定したうえでそれを実施するものとします。なお、契約者は、本サービスに不具合を発見したときは速やかに当社に通知するものとします。
第10条 (免責)
  1. 本サービス用設備等におけるコンピュータ端末、通信機器、通信回線その他ネットワーク設備の中断・障害に起因するアクセス遅延トラブルについて、当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 以下の各事由による本サービスの中断・障害に関連して契約者に生じた損害につき、当社は一切責任を負わないものとします。
    1. 第1項以外の機器・設備のトラブルに起因する中断・障害
    2. 契約者の不適切な使用、その他契約者の責に帰すべき事由に起因する中断・障害
    3. 第三者の故意又は過失に起因する中断・障害
    4. フィード送信先のトラブル、サービス提供停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等に起因する中断・障害
    5. 火災、地震等の天変地変、戦争、停電、労働争議等の契約者、当社いずれの責にも帰しがたい事由に起因する中断・障害
  3. 当社は、本サービスを通じて、契約者が保有するデータを契約者の指定したフィード送信先において使用できるデータへ変換するよう努めますが、当該変換を保証するものではなく、本サービスを通じて変換したデータが、フィード送信先において使用できなかった場合も、当社はその損害について一切責任を負わないものとします。
  4. 当社は、本サービスを通じて作成されたフィードの正確性、正当性、信頼性、安全性、有用性、適合性、完全性及びその他一切の事由について何ら保証するものではなく、これにより契約者に損害が生じたとしても、当社はその損害について一切責任を負わないものとします。
  5. 当社は、フィードのチューニング機能、入札カテゴリの調整機能その他フィード送信先での広告運用のための機能を提供するよう努めますが、当該機能の正確性、正当性、信頼性、安全性、有用性、適合性、完全性及びその他一切の事由について何ら保証するものではなく、これにより契約者に損害が生じたとしても、当社はその損害について一切責任を負わないものとします。
  6. 当社は、契約者の名称、連絡先、本サービスで変換したデータその他契約者に関する一切の情報を保存する義務を負うものではなく、当社はいつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、当社は本項に基づき当社が行った措置によって契約者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。
  7. 契約者は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、ダウンロードその他の方法により当社からソフトウェア等を契約者設備等にインストールする場合には、契約者が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社はこれに契約者に発生した損害について一切責任を負わないものとします。
  8. 契約者は、フィード送信先の利用につき、契約者自身がフィード送信先利用規約等、当該フィード送信先の利用者と運営者との間に適用される一切の規範を確認のうえ、それを自己の費用と責任で遵守するものとし、契約者が当該フィード送信先利用規約、指示に違反したことによる損害、フィード送信先事業者と契約者との間の紛争について、当社は一切責任を負わないものとします。
  9. 前各項のほか、当社は、次条に定める場合を除き、契約者に生じた損害について責任を負わないものとします。
第11条 (損害賠償)
  1. 契約者が、本規約の違反等により当社に損害を与え又は費用を出捐させた場合、契約者は、当社に対し、当社が被った損害及び出捐した一切の費用(通常損害、特別損害、訴訟費用、弁護士費用、信頼回復のために要した費用等を含みますが、これに限りません。本条において同様とします。)を賠償する義務を負うものとします。
  2. 契約者の行為に起因して、当社が、フィード送信先事業者その他の第三者からの請求に応じて損害賠償その他の支払又は費用の負担を余儀なくされた場合、当社は、契約者に対し、当社が被った損害及び出捐した一切の費用を請求できるものとします。
  3. 当社は、契約者の活動に関与する義務を負わず、本サービスの利用に関連して、契約者がフィード送信先事業者その他の第三者に対し損害を与えた場合又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合その他契約者と第三者との間で生じた紛争等については、契約者は、自己の費用と責任においてこれを解決し、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. 当社が、当社の責めに帰すべき理由により契約者に損害を与えた場合、契約者の過去3か月に支払った利用料の合計金額を限度に賠償責任を負うものとします。ただし、当社はいかなる場合であっても現実に発生した直接かつ通常の損害に限って賠償責任を負うものとし、逸失利益その他の間接的な損害等については賠償責任を負わないものとします。
第12条 (知的財産権等)
  1. フィード、本サービス又は本サービスのウェブサイトの文章、画像、デザインその他本サービスのコンテンツに関する特許権、実用新案権、意匠権、回路配置利用権、商標権、著作権及びノウハウ(知的財産権を受ける権利を含み、以下「知的財産権等」といいます。)は当社又は当社にライセンスを許諾している者に独占的に帰属します。当社は、契約者に対し、本サービス上で利用する範囲内に限りフィードを使用する権限を許諾します。
  2. 前項の規定にかかわらず、作成したフィードの元となった、契約者が保有する商品や商材等のデータに関する知的財産権等は、契約者又は契約者にライセンスを許諾している者に帰属します。ただし、当社は、本サービス提供に当たり必要な範囲でこれを無償利用し、または第三者に利用させることができるものとし、契約者はかかる利用に必要な許諾を得るなど、必要となる権利処理を行うものとします。また、この場合、契約者は当社に対して著作者人格権の行使をしないものとし、かつ、第三者をして著作者人格権を行使させないものとします。
第13条 (機密保持)
  1. 契約者は、当社から受領した技術上又は営業上その他業務上の情報のうち、当社が特に秘密である旨あらかじめ書面で指定した情報で、提供の際に範囲を特定し、秘密情報である旨の表示を明記した情報(以下、「秘密情報」といいます。)につき、本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、厳に秘密として管理し、第三者に対して開示又は漏洩しないものとします。ただし、事前に当社より書面による承諾を受けた場合及び以下の各号のいずれかに該当する場合はこの限りではありません。
    1. 契約者が当社から提供若しくは開示を受け又は知得したときに、秘密保持義務を負うことなく既に保有していた情報
    2. 契約者が秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
    3. 契約者が当社から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報
    4. 契約者の責に帰せざる事由により、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報
    5. 本条に従った指定、範囲の特定や秘密情報である旨の表示がなされず提供された情報
    6. 受領を拒否したにも関わらず提供された情報
  2. 前項の定めに関わらず、以下の各号のいずれかに該当する秘密情報については、前項に定める秘密である旨の指定、範囲の特定、表示がなされたものとみなします。
    1. 本契約又は本サービスに関連して当社が契約者に提供する提案書、当社と契約者との間での個別契約の内容、ソースコードその他合理的に秘密情報と解される情報
  3. 前2項の定めに関わらず、契約者は、秘密情報のうち法令の定めに基づき又は権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先又は当該官公署に対し開示することができるものとします。この場合、契約者は、関連法令に違反しない限り、当該開示前に開示する旨を当社に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後速やかにこれを行うものとします。
  4. 契約者は、秘密情報を記載した文書又は記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物についても秘密情報として厳重に取り扱うものとします。
  5. 秘密情報の提供を受けた契約者は、当社の要請があったときは全ての該当資料等及びその複製物を当社に返還し、秘密情報が契約者設備等に蓄積されている場合は契約者の責任と費用で秘密情報を完全に抹消するものとします。
  6. 秘密情報に個人情報(「個人情報の保護に関する法律」第2条第1項に定める「個人情報」と同じものをいいます。以下同様です。)が含まれる場合、契約者は個人情報の保護に関する法律その他の関連法令に従って個人情報を適正に取得及び管理するものとし、当社は、契約者が本条に違反することによって契約者又は第三者に生じたいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。
  7. 本条の規定は、本契約の終了後も1年間その効力が存続するものとします。
第14条 (遵守事項)
  1. 契約者は、当社が提供したアカウント等の貸与物(有形、無形を問いません。以下同様とします。)の管理を自ら責任をもって厳重に行うものとし、第三者の不正使用等により当社又は第三者に損害を与えることのないように万全の配慮を講じるものとします。また、契約者は、第三者の不正使用等に起因するすべての損害について責任を負い、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. 契約者は、アカウント等について紛失、盗難、又は第三者による不正使用を知った場合は、直ちに当社にその旨を通知するものとします。
  3. 当社は、アカウント等の紛失、盗難、不正使用等から生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
  4. 第三者が契約者のアカウント等を用いて本サービスを利用した場合、当該行為は契約者の行為とみなし、契約者は当該利用により生じる利用料金の支払いその他の一切の債務を負担するものとします。なお、この規定は、当社から当該第三者への賠償請求等を妨げるものではありません。
  5. 契約者のアカウント等の貸与物の管理不十分又は第三者の利用によって契約者に損害が出た場合、その負担は契約者の故意・過失に関わらず契約者が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。契約者に帰すべき事由により当社に損害が生じた場合、契約者は当社に対し賠償責任を負うものとします。
  6. 契約者は、第三者にアカウント等を利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  7. 契約者は、本サービスの利用及びその結果について、本規約に定める他一切の責任を負い、本サービスの利用に当たっては、事前に、本サービスを介したフィードの作成、フィード送信先へのフィードの送信、その他本サービスの利用が適法であるか、当社又は第三者の権利を直接又は間接に侵害しないか等、本規約及び関連法令等(次項で定義します。)に違反しないかを十分確認するものとします。
  8. 契約者は、事前に、自己の費用と責任で本サービスを介したフィードの作成、フィード送信先へのフィードの送信、その他本サービスの利用を適法に行うために必要なあらゆる措置を講じなければならず、「民法」、「著作権法」、「不正競争防止法」「個人情報の保護に関する法律」等、適用され得る関連法令等(法令、政令・ガイドライン等の一切を含み、以下同様とします。)の全てを遵守したうえで、かつ当社及び第三者に直接又は間接に不利益を生じさせない範囲内で、本サービスを利用しなければなりません。
  9. 当社は、契約者の本サービスの利用状況を確認する義務は負わず、契約者に対し、本サービスの利用及びその結果の適法性、正確性、真実性、有用性等を一切保証しません。
  10. 当社は、契約者が本規約に違反した場合又は当社が契約者の本サービスの利用について不適当であると判断した場合、契約者に通知することなく本契約を解除し又は本サービスの全部若しくは一部の利用を拒否することができるものとします。
第15条 (禁止行為)
  1. 契約者は、フィードの作成その他本サービスの利用に際して当社に提供するデータ等の情報に、以下のいずれかに該当する又は該当するおそれがある内容を含まないことを保証します。当社は、当該情報が当該内容を含むと判断した場合、その受領を拒絶し、本契約を解除し又は本サービスの全部若しくは一部の利用を拒否しその他の必要な措置をとることができるものとします。
    1. 民法、著作権法、個人情報の保護に関する法律その他の法令、公序良俗に違反する内容
    2. 詐欺、猥褻、誹謗中傷、脅迫、名誉毀損、権利侵害又はプライバシー侵害の原因となる内容又は偏見もしくは差別等を助長する内容
    3. ジャンクメール、スパム、チェーンメール又は無限連鎖講の防止に関する法律で禁止対象となる内容
    4. コンピュータ・ウィルス、ワームその他コンピュータ・システムを妨害、混乱又は破壊するその他コンピュータに不利益を与える内容
    5. 権利者の許諾を得ずに複製・改変・取得等を行った画像等、著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、名誉権等第三者が持つ知的財産権その他の権利を侵害する内容
    6. 当社が不適切と判断する内容
    7. その他上記各号に準ずるもの
  2. 契約者は以下のいずれかに該当する又は該当するおそれがある行為を行わないものとします。
    1. 本規約に違反する行為
    2. フィード送信先利用規約等、当該フィード送信先の契約者と運営者との間に適用される一切の規範に違反する行為
    3. 関係法令等に違反する行為若しくは犯罪行為に関連する行為
    4. 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉権その他第三者の権利を侵害する行為
    5. 当社又は第三者に不利益を与える行為
    6. 本サービスのソフトウェア、マニュアル、ロゴ、文章、画像、又はソースコードを、複製、変更、翻訳、改変、翻案又は有償若しくは無償で譲渡する行為
    7. 本サービス又は当社に損害を与えるようなプログラムの改変、利用をする行為
    8. 当社が提供するサービスの利用に関し、直接又は間接に当社又はフィード送信先事業者その他の第三者に対し過大な負荷又は重大な支障(設備やデータ等の損壊を含みますがこれらに限りません。)を与える行為
    9. 有害なコンピュータープログラムの送信等、当社による本サービスの提供又は他の契約者による本サービスの利用に支障を生じさせる行為
    10. 本サービスに基づき提供するソフトウェア、システム等を解析すると当社が判断するリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等の行為又は本サービスと類似の機能を開発する行為
    11. 本サービスを用いて、当社又はフィード送信先事業者その他の第三者の著作権等の権利を侵害する行為
    12. 本サービスを用いて作成したフィードを、本サービス以外で利用する行為
    13. その他、当社が不適切と判断する行為
  3. 当社は、契約者が前項の各号のいずれかに該当する行為があったことが判明した場合又は該当する行為があったと当社が判断した場合には、契約者に通知することなく、本契約を解除し又は本サービスの全部若しくは一部の利用を拒否することができます。当該措置により契約者に生じた損害について当社は一切責任を負わないものとします。
第16条 (サービスの提供の中断)
  1. 当社は、以下各号のいずれかの事由に該当する場合には、本サービスの全部又は一部の提供を中断することができるものとします。
    1. 本サービス用設備等の保守、点検又は工事を行うとき
    2. 本サービス用設備等の不良、障害等により本サービスを提供できないとき
    3. 法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合
    4. フィード送信先事業者がそのサービスの提供を中断又は停止したとき
    5. フィード送信先の障害あるいは仕様の変更、又はフィード送信先利用規約の変更その他フィード送信先の事情により、本サービスの提供が困難になったとき
    6. 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議、火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスを提供できないとき
    7. 当社が契約者に対し、事前に本サービスの中断を通知した場合
    8. その他、当社が中断を必要と判断したとき
  2. 本サービスの提供を中断するときは、当社は、契約者に対し、その旨とサービス提供中断の期間を事前に通知するよう努めるものとします。ただし、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。
  3. 前項の規定にかかわらず、当社は、天災、突発事故、故障等のやむを得ない事由によって本サービスを停止する場合は通知を省略することができるものとします。
  4. 当社は、本条に基づいて当社が行った措置によって契約者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。
第17条 (個人情報の取り扱い)
契約者は、別途定める「プライバシーポリシー」に同意のうえ、当社が求める個人情報を当社に提供しなければなりません。なお、当社は、当社が取得した契約者の個人情報を「プライバシーポリシー」に従って適正に管理します。
第18条 (代理店と特定契約者)
  1. 第3条(本サービスの申込方法)第1項の規定にかかわらず、本サービスの契約希望者は、当社が指定するdfplus.io販売代理店(以下、「代理店」といいます。)に対して、当社又は代理店が定める方法で、本契約の申込みをすることができるものとします。
  2. 前項によって本契約を締結した契約者(以下、「特定契約者」といいます。)については、本規約の他の規定に優先して本条の規定が適用されるものとします。
  3. 第7条(対価及び支払条件)の規定にかかわらず、特定契約者は、利用料(消費税等を含みます。)及びその遅延損害金については、特定契約者と代理店が合意の上定める支払方法に従って、代理店に対し支払うものとします。
  4. 第14条(遵守事項)の規定にかかわらず、特定契約者は、特定契約者のアカウント等を代理店の販売代理に必要な範囲に限り、代理店に利用させることができるものとします。
  5. 代理店がその地位を喪失した場合、当社は直ちに当該代理店が担当する特定契約者に対しその旨を通知するものとし、以後、本条は適用されないものとします。
第19条 (契約解除等)
  1. 当社は、契約者が、以下の各号のいずれかに該当する場合は、契約者に通知することなく、本契約を解除することができます。
    1. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
    2. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    3. 自ら振出し、若しくは引受けた手形又は小切手につき、不渡りの処分を受けた場合
    4. 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
    5. 租税公課の滞納処分を受けた場合
    6. 本契約に基づく債務を履行せず、当社からの相当の期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、なおその期間内に履行しないとき
    7. 本規約に違反し、当社からの相当の期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、なおその期間内に是正しないとき
    8. その他、当社が契約者として本契約を継続することが適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかに該当した場合、契約者は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払いを行わなければなりません。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により契約者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。
第20条 (通知)
  1. 当社から契約者への通知は、本契約に特段の定めのない限り、通知内容を当社に届け出た電子メールアドレス宛の電子メール、書面又は当社のホームページに掲載する等、当社が適当と判断する方法により行います。また、当該通知を電子メールの送信又は当社のホームページへの掲載の方法により行う場合には、当該通知は、電子メールの送信又はホームページへの掲載がなされた時点から効力を生じるものとし、これら以外の通知方法を用いる場合、その通知の効力は、当該通知が契約者に到達した時点又は契約者に到達するために合理的に必要な期間が経過した時点のいずれか早い時点で発生するものとします。
  2. 契約者は、当社からの通知の有無及びその内容を遅滞なく確認するものとします。
  3. 第1項に定める通知の効力は、契約者が現実に通知を受領又は認識したかどうかを問わず、発生するものとします。
  4. 契約者は、当社に届け出た名称、商号、所在地、連絡担当者、電子メールアドレス等を変更する場合には、当社所定の方法により通知するものとします。
  5. 契約者が第2項の確認、又は第4項の通知を怠ったことにより生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
第21条 (譲渡)
  1. 契約者は、当社の事前の書面による同意なく、本契約上の地位又は本契約上の債権債務の全部又は一部を第三者に譲渡若しくは担保に供する等の処分をし、又は引き受けさせることはできないものとします。
  2. 当社は、本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本契約に基づく権利及び義務並びに本サービス情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、契約者は、かかる譲渡につき予め同意するものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
第22条 (利用規約の変更)
  1. 当社は、契約者の了解を得ることなく本規約を随時変更することができ、当社が本規約の変更を契約者に通知した場合、当該通知の効力が発生した時点で当該変更の効力が発生するものとします。
  2. 当該変更の通知の効力が発生した後、契約者が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に本契約の解約の手続をとらなかった場合には、契約者は、本規約の変更に同意したものとみなします。
第23条 (反社会的勢力の排除)
  1. 当社及び契約者は、相手方に対して、本契約が締結された日から過去 5 年間及び将来にわたり、自己又は自己の役員及び従業員が以下の各号のいずれかに該当する者又は団体(以下、「反社会的勢力」という。)に該当しないことを表明し、保証します。
    1. 暴力団
    2. 暴力団員
    3. 暴力団関係企業
    4. 総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等
    5. その他前各号に準ずる者
  2. 当社及び契約者は、合理的理由に基づき相手方が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、何らの催告なしに本契約を解除することができます。
    1. 反社会的勢力である場合、又は反社会的勢力であった場合
    2. 自ら又は第三者を利用して、相手方に対して以下の行為を行った場合
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて貴社の信用を毀損し、又は貴社の業務 を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為
    3. 相手方に対して、自身が反社会的勢力である、又は、関係者である旨を伝える等した場合
  3. 契約者及び当社は、前項により本契約を解除したことにより相手方に損害が生じたとしても、一切の損害賠償を負いません。
第24条 (存続規定)
第6条、第7条、第10条から第16条まで、第18条、第19条、第21条、第23条、本条、第25条から第27条までの規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。ただし、第13条については、利用契約終了後1年間に限り存続するものとします。
第25条 (本契約の終了)
契約者は、本契約が終了した場合、当社の指示に基づき、当社から提供を受けた本サービスに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。
第26条 (分離可能性)
本契約のいずれかの条項又はその一部が、管轄権を有する裁判所により、違法、無効又は執行不能と判断された場合であっても、残部はその後も有効に存続します。また、違法、無効又は執行不能と判断された条項若しくは部分についても、当該条項若しくは部分の趣旨に最も近い有効な条項を無効な条項若しくは部分と置き換えて適用し又は当該条項若しくは部分の趣旨に最も近い有効な条項となるよう合理的な解釈を加えて適用します。
第27条 (協議)
本規約に定めがない事項その他条項に関し疑義を生じた場合には、当事者双方が協議のうえ円満に解決にあたるものとします。
第28条 (準拠法及び管轄裁判所)
本契約の準拠法は日本法とし、契約者と当社との間で本サービスの利用又は本契約に関連して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
【2016年11月16日 制定】
【2017年4月24日 改定】