導入事例インタビュー

Googleしごと検索、SEO、提携メディア…"リブセンス式" データフィード活用で、事業のスピーディなスケールを実現

株式会社リブセンス
アルバイト事業部
チームリーダー 山田 修様

Googleしごと検索、SEO、提携メディア…"リブセンス式" データフィード活用で、事業のスピーディなスケールを実現

株式会社リブセンス
アルバイト事業部
チームリーダー 山田 修様
山田様(写真右から2人目)とチームの皆様
株式会社リブセンス
https://www.livesense.co.jp/
LIVESENSEは、人生の時間に占める割合が高く、大きな意思決定を伴う「仕事」や「住まい」にまつわる領域を皮切りに事業を展開し、人の選択肢にある歪みや不和を社会の課題ととらえ、テクノロジーをコアにしたサービスで解決しています。課題解決の手段として、LIVESENSEのコアバリューに据えている概念が「REAL DATA ENGINEERING」という考え方です。ユーザーのリアルな思考や行動に紐づいた、本質的価値の高いデータを蓄積・分析し、機械学習やアルゴリズムとして、サービスへと価値転換しています。
アルバイトサイト「マッハバイト」でdfplus.ioをご利用いただいているリブセンス様。データフィードの送信先を見ると、ダイナミック広告以外の用途も多いのが特徴的です。「オーガニックを重視している」「事業推進に活用している」というその活用法について、アルバイト事業部 山田様にお話を伺いました。(以下、敬称略)
―Googleしごと検索 Indexing APIサービスをいち早くご利用いただいています。効果はいかがですか。

Googleしごと検索 からの応募が増加。さらに、SEOの効果が大きく上昇

Googleしごと検索上に新着求人がすぐに掲載され、Googleしごと検索経由での応募が増えた、という効果がまずあります。さらに、SEO全体への良い効果がありました。

Indexing APIサービス導入によって、今まで求人詳細のインデックス率が80%前後だったものが100%になりました。また、当日にインデックスされるようになったこともSEO的な効果を高めたことに貢献して、詳細ページのオーガニック流入増と応募数増につながりました。これは予想外の効果でした。

Googleしごと検索の対応で重視したことは、とにかくスピードです。新しいサービスですので、他社より早く実施をするということが重要だと思っています。社内で対応するのは結構大変そうだったのですが、dfplus.io のオプションメニューを利用することでスピーディに対応できたのは良かったと思います。
―スピードを重視された理由は何でしょうか。

成果を出すなら、先行者優位を狙ったスピードが重要

ここからは会社というよりも個人の考えですが、新しい施策は早くやった方が先行者優位で勝てることが多いと思っていまして。
IT業界は移り変わりが早いですので、「流行っているな」と思ってから着手すると後発になってしまいますし、既に流行り自体が終わりかかっていることもあります。それよりも先行者として参入した方が、効果を十分に得やすい。
ですから、成果を出すということにコミットしようとしたらスピードが凄く重要だと思っています。

"一瞬"のデータフィード改善で、バーティカルメディアからの流入が1.5倍に

dfplus.io を導入してから、色々な面でスピードが圧倒的に上がりました。
例えば、Indeedや求人ボックスなどのバーティカルメディアに掲載している求人票のタイトル改善なんて、一瞬でしたね。サクっと実施できて、流入が1.5倍になりました。
タイトル改善については、dfplus.io導入前にも、それこそ何回も話に上がっていましたが、設計を検討するうちに「なんか時間がかかりそう」と見送っていました。やはり、手元ですぐ改善できる、という環境の力は大きいです。

マッハバイトでは、バーティカルメディアは、AD(有料広告枠)よりオーガニックからの獲得の方が多いのですが、データフィードの改善はADにもオーガニックにも両方効果があるのが良いですね
―データフィードの送信先としては、提携サイトも増えていますね。

dfplus.io 導入で、1ヶ月以上かかっていた新規アライアンスの準備を1週間に短縮

マッハバイトでは、保有する求人票を、じげんさんの「アルバイトEX」やニフティさんの「ニフティアルバイト」といった外部のメディアに掲載して送客していただく、というアライアンスの取組みを行っています。このアライアンス先を増やすのが私の担当なのですが、2019年で既に4つのメディアと提携を開始できました。

以前は、新規アライアンスの準備期間として1~2ヶ月かかっていたのですが、dfplus.io 導入後は1週間ぐらいに大幅短縮できました。社内のリソースを使わず、スピードも早いので、弊社にとってもアライアンス先にとっても非常に良いことです。このスピード感が、事業レベルでのグロースに貢献していると感じています。

掲載だけでなく、アライアンス先からの利益を最大化するのがポイント

また、単に掲載するだけではなく、各メディアからの利益を最大化することが、アライアンスにおける重要なポイントです。

そのために、まずアライアンス先を検討する際、マッハバイトの持っている求人に合致するユーザーが先方のメディアにどれぐらいいるか、という「マッチ度」や、先方のメディアの流入経路などを考慮して、応募数や採用率、その先にある利益をある程度想定しています。
弊社では、過去の求人に対する採用率のデータを持っているのですが、その強みが活きています。例えば大学生は採用率が高いので、大学生が多く集まるメディアなどは有力な候補になります。

加えて、応募・採用などがあった際に、弊社での売上金額が高い「売上単価の高い求人」を強く露出することで、アライアンス先ごとにROASの最適化を行っています。この調整に、データフィードを活用しています。
―ROASの最適化にデータフィードがどう関わるのでしょうか。

「売上単価の高い求人」をアライアンス先に提供し、アライアンス経由での売上を約2倍、利益額を約3倍に改善

マッハバイトに掲載されている求人の中でも、弊社の売上になる条件は一律ではなく、応募されると売上になるものや、採用されてはじめて売上になるものがあります。弊社では後者の「採用課金」の求人票が多いのが特徴です。さらに、求人票によって、売上金額もそれぞれに異なります。

売上の条件や売上金額に、先ほど出てきた採用率なども掛け合わせて考えると、求人票ごとに「この求人に応募が1件あったとき、いくらの売上になるか」がシミュレーションできます。いわば収益性のデータです。

この収益性のデータを、あるアライアンス先に提供し、「売上単価の高い求人」の露出を増やして応募を寄せる、ということを試してみました。その結果、アライアンス経由での売上が約2倍、利益額は約3倍に改善しました

仮に、一律で「1応募につき〇〇円」という条件で提携すると、そのメディアでの露出は、どうしても応募されやすい人気の求人に偏ります。しかし、収益性が高い求人の表示を強化することで、インプレッションあたりの効率を改善することができるということですね。

全アライアンス先に収益性のデータを送信。鍵となる個別の微調整を、dfplus.ioで実現

そこで、この取り組みを全アライアンス先に展開しました。アライアンス先に送信しているデータフィードに、収益性のデータを含めることにしたのです。と言うのは簡単ですが、実は裏側ではかなり細かい調整を行っています

具体的には、アライアンス先ごとに、ユーザーとのマッチ度や応募後の採用率が異なりますので、収益性のデータを個別に調整する必要があります。また、アライアンス先に合わない求人については、そもそも掲載されないように除外しています。
さらに、こうした設定は一度やったら終わりではなく、日々更新される応募・採用などの結果をふまえて非常に高頻度で調整しています。

こうしたアライアンス先ごとの個別調整は、dfplus.io なくしては到底無理ですね!ツールがあるからこそできるワザです。この取組みによって、単にアライアンス先を増やすだけではなく、収益性を担保して事業を成長させることができ、社内でも評価されています

―事業のグロースのため、いわばビジネスモデルの一部としてdfplus.ioをご活用いただいているのですね。とても参考になりました。

―今後の展開についてもお教えいただけますか。
今後は、dfplus.io を活用して、マッハバイトの提携サイト数をさらに増やしたいと思います。2019年下半期で5個増やしたいと考えていますし、比較的大きなメディアとの連携も進めたいと思っています。

また、マッハバイトでうまくいったこのモデルを、不動産領域、転職領域など他の事業も含む全社に展開できるよう、推進したいと思います。
dfplus.io は、ダイナミック広告だけでなく、「Google しごと検索」や任意のメディア連携にも活用でき、事業推進のスピードを改善します。
※この事例の内容は、2019年8月に実施したインタビューに基づいて作成しました。
※事例の内容は掲載時点のものです。
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close