導入事例 インタビュー

広告担当者お一人で着実なフィード改善を重ね広告経由売上8倍を達成。Instagramショッピングでもいち早く成果を出されている事例をご紹介

株式会社スタージョイナス
水野 寛子様、林 大貴様

広告担当者お一人で着実なフィード改善を重ね広告経由売上8倍を達成。Instagramショッピングでもいち早く成果を出されている事例をご紹介

株式会社スタージョイナス
水野 寛子様、林 大貴様
写真左から、水野様、林様
株式会社スタージョイナス
https://www.star-j.com/
株式会社スタージョイナスは、セレクトショップ「FIGURE」など21店舗を展開。商品、サービスを通じてお客様に「ワンランク上のファッショニスタ」としての喜びを感じていただきたい、という思いで「カスタマーサクセス日本一のアパレル企業になる」をミッションに掲げています。
ブランドや商品ごとのイレギュラー対応が求められるアパレルECで、データ整形で手いっぱいだったところから、広告改善を積み重ね、新媒体出稿にも身軽に挑戦できるようになった経緯やその成果について、株式会社スタージョイナスの水野 寛子様、林 大貴様にお話を伺いました。(以下、敬称略)
ー まずはご担当についてお教えください。
弊社は「FIGURE」というアパレルのセレクトショップを運営しています。FIGUREでは国内外問わず、70以上のストリートカジュアルファッションのブランドを取り扱っています。私たちはそのECを担当しています。

サイト運営全般に携わるデジタルマーケティングを林が統括しており、その中でもWEB戦略チームである水野が、広告全般を一人で担当しています。現在、リスティング広告とGoogleショッピング広告、Criteoに出稿しており、広告運用は代理店にお願いしていて、Criteoのみ内製(インハウス運用)しています。また、どの媒体についてもデータフィードは弊社で管理しています。
FIGURE ONLINE( http://figure-online.net/

― お一人で広告代理店管理・インハウス運用とデータフィード管理をされているのですか。大変そうです…!

広告全般を一人で管理しなければならない中、データフィードへの対応に多くの時間が奪われていた

はい(笑)。しかも、3年ほど前にGoogleショッピング広告を導入し始めたときは、手作業でスプレッドシート上のデータフィードを管理していました。

弊社の商品はブランドによっては広告がNGだったり、商品カテゴリーによってマスターデータに登録されている項目や内容が異なったりと、商品ごとに細かなイレギュラー対応が多いのが悩みの種でした。マスターデータの加工対応で一日が終わってしまうこともあるほどです!

広告代理店にも相談してみたのですが、データフィード作成には費用も数十万円、時間的には1~2ヶ月かかるとのことでしたので、アウトソースは見送りました。そんな折に、dfplus.ioを発見し、お電話にて問い合わせたところ、大変親切に弊社の状況把握と、dfplus.ioのできること・可能性をお話しくださいました。まさに自分たちの悩みが解消されるツールだと思い、導入を決定しました。

― ありがとうございます。導入の効果はいかがでしょうか。

ツール管理に切り替えたことで無理なくフィードを改善でき、広告経由売上が8倍に

データ加工の手間が減っただけでなく、広告効果にも大きな影響がありました。
Googleショッピング広告のROASが、dfplus.io 導入前の200%からどんどん改善し、先々月は510%を達成しました!広告経由売上に関しては、導入前に比べて826%になっています。流入にもインパクトがあり、現在弊社第1位の流入元はGoogleショッピング広告経由です。

手動でフィード管理をしていたときには、広告審査が通らない商品も多く、結果的にコンバージョンに至りにくかったのだと思います。dfplus.ioを導入してからは、週に1度以上は「Google マーチャントセンターでエラーを確認し、表示されるエラーを解決していく」というデータフィード改善を、無理なく行えるようになりました。今ではだいぶエラーが減り、ほとんどの商品が審査に通って広告掲載されるようになっています。

成果が出ていますので、広告予算もおよそ3倍に増えました。ここからさらに改善を重ねて、ROAS 1000%を目指していきたいです!
―Instagramショッピングをいち早く導入されるなど、新しい媒体にもチャレンジされていますね。

Instagramショッピング導入で、SNS経由流入の9割がInstagram経由に

Instagramショッピングは、オンラインサイトへの流入に非常にインパクトがありました。もともとは、SNS経由の流入数の中でも2割ほどのシェアしかなかったインスタからの流入ですが、Instagramショッピング導入後は、9割に伸びました。
Instagramショッピングの投稿( @figure_shizuoka

Criteoはほぼ1日でデータフィードを準備、3ヶ月でROAS1200%を達成

約3ヶ月前に新しく始めたCriteoでも、先月ROAS1200%を達成できています。

Criteoのデータフィードは、dfplus.ioを使うとほぼ1日で作成を完了することができ、立ち上がりが早くて助かりました。広告代理店の話だと1ヶ月ぐらいかかるとも言われていたので、だいぶ短縮でき驚いています。
― 立ち上がりの早さはツール利用ならではですよね。その他、dfplus.ioの使い勝手はいかがですか。

実際の広告表示に近いプレビュー画面など、直感的にわかりやすいUI

非常に直感で使いやすいUIで、とても助かっています。実際の広告表示に近いプレビュー画面を見て、フィードが使われる形を想像しながら設定ができますし、元になるマスターデータやルール適用後の項目内容を確認できるのも良いですね。連携できる媒体が多いのも非常に重宝しています。

※dfplus.ioのプレビュー画面や機能について、詳しい資料はこちら

「無理なことでもまず挑戦を」と思える、相談できる存在

ツールの良さはもちろん、貴社のご担当者皆様が、どんな無理難題でもいつでも暖かくご対応いただけていることに非常に感謝しています。
弊社ではデータフィードに問題があると、「無理なことでも、まず挑戦してみよう。それでもわからなかったらフィードフォースさんに相談してみよう」が合言葉になっているほどです。

自分たちでは絶対に再現できない…と思ったルールも、プロフェッショナルな貴社の皆様のアドバイスに助けられて実現してきました。たとえば「弊社内で独自に割り当てている番号を元に、対応するgtinコードを入力する」「桁数の揃っていない番号の桁を揃える」などですね。

このほか、広告戦略的な観点や、Instagramショッピングの活用方法など、ツールの使い方に限らずご相談させていただいています。スピード感を求められる中、素早いレスポンスを頂けて、いつもすぐ解決できるのが助かっています。
― ありがとうございます。最後に、今後の展開についてお聞かせ頂けますか。
Googleショッピング広告やCriteoのようなデータフィードを使った広告は、ユーザーに対してもわかりやすく、トレンドだと思います。今後は更に売上を伸ばすために、これらの広告に力を入れていきたいと考えています。効果改善をしていくことはもちろんですし、新しい媒体にもいろいろチャレンジしていきたいですね。

FIGURE ONLINE」は今年4月に、ファッションの通販だけでなく、情報も楽しめるマガジンサイトにリニューアルし、老若男女問わず、ストリートファッションでオシャレになりたい方を応援するサイトに生まれ変わりました!ぜひ皆さん遊びに来てくださいね。
dfplus.io は、データフィード管理の工数削減だけでなく、広告成果を着実に伸ばすことを追及したツールです。少人数チームにも多く採用されています。
※この事例の内容は、2019年3月に実施したインタビューに基づいて作成しました。
※事例の内容は掲載時点のものです。
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close