Facebookダイナミック広告をはじめたい方、効果改善にお悩みの方

dfplus.io は強力な最適化ルールと使いやすい管理画面で、どなたでも簡単にFacebookフィードを作成・改善できます

Facebookダイナミック広告とは?

Facebookダイナミック広告とはFacebookやInstagramのフィード上に、ダイナミック広告を配信できる広告メニューです。リターゲティングだけでなく、ブロードオーディエンス配信を利用することで新規ユーザー獲得にも活用できます。

モバイルでのアクセスが大半を占めるFacebook/Instagramフィードへの配信ができることや、Facebook ID を利用した"人ベース"の高精度なターゲティング、豊富な属性情報や行動データを基にした独自のレコメンドアルゴリズム、などが特徴的です。

日本では2015年にローンチされて以降、他のダイナミック広告と比較しても、CPA、クリック率、コンバージョンレートといずれにおいても高い効果をあげており、注目を集めています。
Facebookダイナミック広告の掲載イメージ

Facebookダイナミック広告をはじめるには

データフィードによる商品情報の提供が必要
FacebookやInstagramにダイナミック広告を出稿するには、広告を構成するための商品データをFacebookへ提供する必要があります。この商品データを提供する仕組みと影響される商品データのことをデータフィードと呼びます。

Facebookダイナミック広告では商品データそのものが広告となるため、常に最新の商品データを提供する必要があります。また、Facebook独自のレコメンドエンジンのパフォーマンスを引き出すうえで、商品データをFacebook向けに最適化することが求められています。こうした最適化のための施策は継続的に実施する必要があるため、専用のデータフィードサービスを活用するのが効率的です。

フィードフォースが提供するデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」を利用すれば、Facebook広告の最適化及び、効果改善のための施策を驚くほど簡単に実行できます。

動画でわかるFacebookフィードのつくりかた

dfplus.ioはFacebookフィードに標準対応していますので、選択するだけで必要な項目が用意されます。あらかじめインポートした商品データをマッピングするだけで、Facebookフォーマットのデータフィードを作成できます。また、dfplus.io 独自の自動最適化機能や、既存Googleフィードからのコピー機能を活用すればさらに効率的です。

Facebookダイナミック広告の効果的な活用法

多彩なメニューを活かしたフルファネルでの活用を
一つはフルファネルでの広告展開が有効です。Facebookダイナミック広告は短いサイクルでアップデートを繰り返しており、スタンダードなダイナミックリターゲティング広告以外にも様々な広告メニュー、広告テンプレートが提供されています。潜在層に対して認知度をアップするためには、ビジュアルに訴えかけるフォーマットでユーザーの目を引くこと、検討層のエンゲージメントを増やすためには、リッチなクリエイティブのフォーマットで次のアクションを促すこと、顕在層には、よりコンバージョンを促すフォーマットでリーチすることが大切です。 目的別に有効なメニューを理解し、フルファネルで広告を展開することで全体のパフォーマンスを向上できます。

また他フィード広告と同様、データフィードの改善は重要な要素となっています。最新の商品情報を定期的に提供することはもちろん、必須項目以外の項目を追加していくことで、Facebook側の学習が促進され最適化が後押しされます。また、タイトルにブランドなどの重要情報を追加したり、セール情報を追加するなどのテクニックも有効です。
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close