データフィード広告とは

最小限の労力で
高い広告効果を実現

ウェブサイトや他システムで使用している商品データを活用する広告です。
大量のキーワード管理、バナー作成で苦労する必要はありません。
データフィード広告のしくみ
商品データを広告媒体に提供
広告に使用する商品データを、広告媒体仕様に合わせて変換し、定期的に提供します。この一連の仕組みをデータフィードと呼びます。
広告キャンペーンを設定
広告媒体の管理画面で、広告キャンペーンを設定したり、入札を行います。広告媒体によってはリタゲーティングタグの設置など、追加の準備を行います。
広告配信
データフィードの商品情報を使って、広告が生成されます。検索結果や、Facebookニュースフィード上、Webサイト上など、媒体が保有する広告枠に配信されます。
人気のデータフィード広告媒体
いずれも広告クリックで商品ページに遷移するため高い効果を発揮します。
EC、人材、旅行、不動産といった幅広い業界で活用されています。
Googleショッピング広告
検索連動型のデータフィード広告です。Google検索やGoogleショッピングで商品を検索したユーザーに対して画像や商品名・価格・店舗名などを表示します。新規顧客の獲得が狙えます。EC業界でのみ利用できます。
Criteo広告
高度な最適化エンジンを搭載した、ポピュラーなダイナミックリターゲティング広告です。サイトの閲覧履歴などをもとに、一人ひとりにマッチした商品をレコメンドして、バナー広告を自動で生成します。
Facebookダイナミック広告
FacebookやInstagramのフィード上に配信できる、ダイナミックリターゲティング広告。Facebookならではのアルゴリズムで、「関連性」の高いクリエイティブを「関連性」の高いユーザーにクロスデバイスで広告配信できます。
データフィード広告運用の2大要素
データフィード広告を成功に導くには、
「データフィード管理」と「キャンペーン管理」のバランスが大切です。
どちらが欠けてもパフォーマンスを最大化することはできません。
データフィード管理
車の運転でいえばハンドル操作です。
バナーに使用する画像やタイトル、価格や在庫情報管理、入札を調整するためのカテゴリ分けなど、データフィード広告をコントロールするための大部分を担っています。dfplus.ioを使うことでデータフィードを効率よく運用管理できます。
キャンペーン管理
車の運転でいえばアクセル/ブレーキです。
データフィードで定義されたカテゴリを使用してキャンペーンを構成し、予算の管理や入札単価の調整、広告の配信開始・停止の設定を行います。これらの操作は主に、広告媒体が用意する専用の管理画面上で行われます。
データフィード管理 成功のポイント
必須項目を埋めるだけではもったいない!
バナー画像やタイトル文、価格や在庫の管理、入札調整カテゴリ分けなど、
広告をコントロールするための大部分をデータフィードは担っています。
-1-
広告媒体の推奨に
寄り沿っている
媒体の推奨仕様に従うことで、広告の表示回数を増加させるなど、媒体のポテンシャルを最大限引き出すことができます。ファイル形式や、画像サイズの規定を満たすだけでなく、可能な限り多くの情報をデータフィードに含めましょう。
-2-
広告として内容が
最適化されている
広告の効果、特にクリック率を高めるためには、商品データを広告用に加工することが有効です。例えば「商品名にブランド名やサイズ、色を追記する」などです。こうしたチューニングは広告の結果をふまえ、適宜行います。
-3-
定期的にデータが
更新されている
データフィードで送信する商品データは最新の状態を反映しているべきです。在庫が0になっている商品に広告を投下してもCVにはつながらないためです。毎日の更新が可能な仕組みを用意しましょう。