10分でデータフィードをつくろう

セルフサーブ型 データフィード統合管理プラットフォーム
dfplus.io
dfplus.ioとは?

広告運用者がデータフィードを
武器にするためのツール

CriteoGoogleFacebook など、データフィード広告の成功には、 データフィード運用とキャンペーン運用の両輪が必要です。
dfplus.ioはこれまでエンジニアや専門家が対応していたデータフィード運用を、広告運用現場で効果的に実施できるようにします。
たった10分で作成完了
CriteoやGoogleショッピング広告、Facebookダイナミック広告など、主要な広告媒体へのデータフィードを、直感的なインターフェースで、広告運用者自身がかんたんに作成できます。
思いついたらすぐ改善
広告クリエイティブのサンプルを見ながら、データフィードを簡単チューニング。商品タイトルの変更や、入札カテゴリの調整、不要な商品の配信除外など、柔軟なルール設定でダイナミック広告運用を成功に導きます。
ノウハウの蓄積
データフィード運用を広告現場で行うことでPDCAサイクルがより高速化し、成果向上にもつながります。また、実施した改善施策のノウハウがすべて社内に蓄積されるため、長期的に変化に強い体制を構築することができます。

広告運用者の「あったらいいな」
を機能にしました

柔軟なルールでタイトル改善やカテゴリ構成、除外も思いのまま
データフィードで送信・変換したい商品アイテムを、AND/OR条件でかんたんに絞り込み。

広告文の変更、入札カテゴリの再構成、消費税計算など、広告成果を高める上で必要になるデータフィードのチューニング作業をdfplus.ioの管理画面から手軽に操作できます。
プレビュー機能でいつでも手軽に広告クリエイティブを確認
データフィードを変更した結果、広告クリエイティブがどう影響を受けるのか、すぐ知りたいですよね?

dfplus.ioのプレビュー機能なら、変更されたタイトルや商品画像がクリエイティブに、どのようにレイアウトされるのか、その場ですぐ確認できます。チーム内での情報共有も効率化、設定ミスにもすぐ気づけるため手戻りのロスもありません。
初心者から上級者まで、必要な機能がオールインワン
データフィードのかんたん作成はもちろんのこと、正規表現による複雑なチューニングや、独自辞書リストを登録して一括置換する「対応表」など、痒いところに手が届く広告効果改善のための機能も充実。

また、専用FTPアカウント作成機能、複数マスターデータ・複数データフィードの一元管理、エラー状況の可視化、上限無制限でのユーザー追加…などなど、運用管理のための機能も兼ね備えています。

多くの広告運用担当者から支持されています

dfplus.ioをご利用いただいた広告代理店様、広告主様の声をお届けします