2022.5.11

データフィード管理ツール「dfplus.io」が「データ結合機能」をリリース。
「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」などのデータが、
商品データと別ファイル管理の場合でも、広告に取り入れることが容易に

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」は、「データ結合機能」をリリースいたしました。
今回リリースされた機能により、「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」などのデータが、商品データとファイルと別で管理されている場合でも、dfplus.io上でデータを結合することができるようになりました。

機能の詳細や、具体的なご利用方法については、サービス資料をご覧ください

「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」「広告成果」など、
アイテムに付随する情報を広告に取り入れる際に活躍

Criteo、Google、Facebook等をはじめとしたダイナミック広告では、アイテムに付随する情報をクリエイティブや媒体の機械学習に取り入れることで、広告成果の向上が期待できます。

「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」「広告成果」などの情報を広告に取り入れたい、と思ったとき、商品データとファイルが別で管理されている場合は、データ同士を結合した上で、データフィードを作成する必要があります。これまでは、データを結合する処理をシステム改修で対応するケースが多かったのですが、システム改修に必要なリソース、費用、時間が難点でした。

しかし、今回の機能リリースにより、データを結合する処理がdfplus.io上で簡単に行えるようになりました。システム改修よりも、ローコストかつ手軽に情報を広告に活用することができます。
【想定される活用ケース】
・ECサイト
商品に寄せられたレビューのデータを結合。スターレイティングやレビュー件数を追加することで、訴求力の向上を狙う。

・求人サイト
求人が「お気に入り」された件数のデータを結合。広告に「お気に入り数◯件」と表示させることで、CTR向上を狙う。

・不動産サイト
物件の人気ランキングのデータを結合。広告に「□□区の人気ランキング△位」と表示させることで、CTR向上を狙う。

・全業界共通
広告管理画面や第三者計測ツールから得られる成果のデータを結合。費用対効果が良いアイテムをグルーピングして入札を強めたり、逆に費用対効果の悪いアイテムの入札を弱めるなどして、配信の最適化を図る。

1つの商品データだけでは媒体の仕様に沿ったデータフィードが
作成できないケースのハードルを解消

また、これまで、1つの商品データに含まれている情報だけでは広告媒体の仕様に沿ったデータフィードが作成できず、複数の商品データを結合する必要があるケースも同様に、システム改修などの対応が必要でした。

しかし、そういったケースでも、今回リリースされた「データ結合機能」を使うことにより、dfplus.ioでデータフィードを作成できるようになりました。

【活用例】
・商品データに、媒体で必須となる「在庫状況」が含まれておらず、「在庫状況」は別ファイルで管理されている場合
・商品データ内の画像URLが媒体規定を満たさず、エラーが生じていて、別ファイルで管理されている他の画像を媒体に送信したい場合

「データ結合機能」のご利用方法

結合したいデータを「補助マスターデータ」として取り込むことで、ツール上で結合することができます。

「補助マスターデータ」を取り込むためには、プランの変更が必要です。ヘッダーの「利用状況」内のプラン部分のボタンか、ユーザーメニュー内の「プランを変更」を選択してください。「容量追加」から、追加する「補助マスターデータ」の数を選択し、お申込みいただくことで、本機能が利用可能になります。(「補助マスターデータ」1つにつき、20,000円が月額料金に加算されます。)

マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」について

「dfplus.io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。RTB House以外にも、Criteo、Facebookダイナミック広告、Google ショッピング広告、LINE Dynamic Ads、YDN 動的ディスプレイ広告、Indeed、Instagram ショッピングなど、商品データを利用する「データフィードマーケティング」のための機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店様、広告主様から支持されています。

サービスサイト:https://dfplus.io/
使い方・tipsブログ:https://blog.dfplus.io
無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、「ビジネスにとどける、テクノロジーと鼻歌を。」 をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
本件についてご興味がおありの方は
お気軽にお問い合わせください。
詳細を問い合わせる
株式会社フィードフォース
担当:千葉、安藤
TEL:050-3116-8616 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666
E-mail:pr@feedforce.jp
データフィード管理のポイント、成功事例、dfplus.io の詳しい機能はこちら
Close