Criteo広告の効果改善にお悩みの方
dfplus.io は強力な最適化ルールと使いやすい管理画面で、どなたでも簡単にCriteoフィードを改善できます
Criteo(クリテオ)広告とは?
Criteoは、Criteo社が提供しているダイナミックリターゲティング広告(フィード広告)サービスです。

ユーザーがサイトを訪問した際の行動履歴を分析し、ユーザーが他のサイトを訪れた際に以前閲覧したことのある商品や関心がありそうな商品情報・写真をダイナミックなバナー広告として表示できます。 この誰に・何を・どのように配信するかは、機械学習エンジンが判断しています。
Criteoへの広告掲載とデータフィード
Criteo(クリテオ)へ出稿するには、広告を構成するための商品データをCriteoへ提供する必要があります。この商品データを提供する仕組みと提供される商品データのことをデータフィードと呼びます。

Criteoでは商品データそのものが広告となるため、常に最新の商品データを提供する必要があります。また、Criteo機械学習エンジンのパフォーマンスを引き出すうえで、商品データをCriteo向けに最適化することが求められています。こうした最適化のための施策は継続的に実施する必要があるため、専用のデータフィードサービスを活用するのが効率的です。

フィードフォースが提供するデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」を利用すれば、Criteo広告の最適化及び、効果改善のための施策を驚くほど簡単に実行できます。
動画でわかるCriteoフィードのつくりかた
dfplus.ioはCriteoフィードに標準対応していますので、選択するだけで必要な項目が用意されます。あらかじめインポートした商品データをマッピングするだけで、Criteoフォーマットのデータフィードを作成できます。
Criteo 効果改善のポイント
Criteo広告の "要" となるのは機械学習エンジンです。この機械学習エンジンには3種類あり、入札エンジンは "どのユーザーに高く入札すべきか" 、レコメンドエンジンは "ユーザーにどの商品を見せるか" 、クリエイティブエンジンは "ユーザーにどのクリエイティブを見せるか" をそれぞれ考えるエンジンになっています。

Criteoの効果改善においては、タイトルの見直しなどクリエイティブ改善も有用ですが、「機械学習エンジンの学習の元となる情報を多く与える」 ことと「機械学習エンジンの働きの邪魔をしないこと」も重要です。特にレコメンドエンジンの改善のためには、カテゴリ項目の見直しや、タグから取得できる情報とフィードの一致率改善など、データフィードによる改善施策が必要になります。
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close