Criteo の効果改善に
お悩みの方

データフィード管理ツール「dfplus.io」を使えば、
強力な最適化ルールと使いやすい管理画面で、
どなたでも簡単にCriteoフィードを改善できます

Criteo とは?

Criteo は、Criteo 社が提供しているダイナミックリターゲティング広告(フィード広告)です。

ユーザーがサイトを訪問した際の行動履歴を分析し、ユーザーが他のサイトを訪れた際に以前閲覧したことのある商品や関心がありそうな商品情報・写真をダイナミックなバナー広告として表示できます。 この誰に・何を・どのように配信するかは、機械学習エンジンが判断しています。
Criteo の広告掲載イメージ

Criteo|効果改善のポイント

3 つの機械学習エンジンを最大限活用する
Criteo の "要" となるのは機械学習エンジンです。この機械学習エンジンには 3 種類あり、入札エンジンは "どのユーザーに高く入札すべきか" 、レコメンドエンジンは "ユーザーにどの商品を見せるか" 、クリエイティブエンジンは "ユーザーにどのクリエイティブを見せるか" をそれぞれ考えるエンジンになっています。
Criteo の効果改善においては、タイトルの見直しなどクリエイティブ改善も有用ですが、「機械学習エンジンの学習の元となる情報を多く与える」 ことと「機械学習エンジンの働きの邪魔をしないこと」も重要です。

特にレコメンドエンジンの改善のためには、カテゴリ項目の見直しや、タグから取得できる情報とフィードの一致率改善など、データフィードによる改善施策が必要になります。

データフィードを使った Criteo 改善施策

データフィードとは?
Criteo へ出稿するには、広告を構成するための商品データを Criteo へ提供する必要があります。この商品データを提供する仕組みと提供される商品データのことをデータフィードと呼びます。
商品データ
商品情報が記載されたデータを用意します
データフィード
商品データを規格に沿った形に加工・変換し、
Criteo に送信します
広告配信開始
データフィードに含まれる情報をもとに
広告が自動生成されます
データフィードを使った改善施策の例:バッジ機能
バッジ機能を使うことで、情報量の充実、視認性の向上を図ることができ、広告成果の改善につながります。

  • EC の場合:「SALE」「新着」「人気」など
  • 求人の場合:「あと◯日」「在宅勤務OK」「急募求人」など

バッジはデータフィードの内容を元に作成されるので、この施策を行うためには、データフィードに改善を加える必要があります。
Criteo広告の掲載イメージ
レバレジーズ株式会社 様

データフィードの改善で
Criteo の成果が向上した事例

"Criteo の CPA が 約 3/4 に圧縮でき、CTR も向上しています。さらに CVR が1.5 倍になりました!導入前に見込んでいた以上の改善です。"

"成果が上がった理由は、広告を月 2~3 回の頻度で改善したことです。"

>>インタビュー全文を読む
こうした効果改善のための施策は継続的に実施する必要があるため、専用のデータフィードサービスを活用するのが効率的です。

フィードフォースが提供するデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」を利用すれば、Criteo の最適化及び、効果改善のための施策を驚くほど簡単に実行できます。

マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」

Criteo 用のフィードを簡単作成
フィード作成機能を使って、Criteo 用のデータフィードを用意しましょう。自動更新の設定も簡単です。
初心者でもわかりやすい管理画面
フィード初心者にもお使いいただけるわかりやすいUIで、"わかる人"に属人化しない運用体制を実現できます。
複数のダイナミック広告を一元管理
Google、Facebook、Instagram、Pinterest、Yahoo! など主要フィード広告にも標準対応。Criteo との一元管理に便利です。