Google ショッピング広告の
効果改善にお悩みの方
dfplus.io は強力な最適化ルールと使いやすい管理画面で、どなたでも簡単に Google フィードを改善できます
Google ショッピング広告とは?
Googleショッピング広告は、ユーザーの検索ワードに連動して、Googleの検索結果やショッピングページに表示される「検索連動型」フィード広告です。商品名や商品の価格、ショップ名などのテキスト情報とともに商品画像が表示され、かつ検索画面の上部に大きく表示されるためクリック率が高く、EC事業者から非常に人気がある広告メニューです。
Google ショッピング広告への広告掲載とデータフィード
Google ショッピング広告へ出稿するには、広告を構成するための商品データをGoogle マーチャントセンターへ提供する必要があります。この商品データを提供する仕組みと提供される商品データのことをデータフィードと呼びます。

Google ショッピング広告では商品データそのものが広告となるため、常に最新の商品データを提供する必要があります。また、Google ショッピング広告のパフォーマンスを最大限引き出すためには、「最新の商品データを提供する」ことと「正確で包括的なデータを提供する」ことが重要とされています。そのうえで、クリック率を高めるための商品タイトルの改善など、商品データをGoogle ショッピング広告向けに最適化(データフィードをチューニング)することが求められています。こうした最適化のための施策は継続的に実施する必要があるため、専用のデータフィードサービスを活用するのが効率的です。

フィードフォースが提供するデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」を利用すれば、Google ショッピング広告の最適化及び、効果改善のための施策を驚くほど簡単に実行できます。
動画でわかるGoogleフィードのつくりかた
dfplus.ioはGoogle ショッピング広告のフィードに標準対応していますので、選択するだけで必要な項目が用意されます。あらかじめインポートした商品データをマッピングし、自動最適化機能をONにするだけで、Googleフォーマットのデータフィードがかんたんスピーディに作成できます。
Google ショッピング広告 効果改善のポイント
Google ショッピング広告もフィード広告ですので、データフィードと広告キャンペーン両方の適切な運用がとても重要です。クリエイティブに使用する画像やタイトル、価格や在庫情報管理、入札を調整するためのカテゴリ分けなど、フィード広告をコントロールするための大部分がデータフィードで決定されますので、まずはデータフィードの改善を優先的に実施していきましょう。

改善はインパクトの大きい順に実施することが鉄則ですが、一般的なステップをご紹介します。

  1. 最新の商品情報をマーチャントセンターに提供する自動更新の仕組みを整える
  2. 商品タイトルにブランド名やメンズ/レディースなど重要情報を付け加える
  3. 任意の項目を積極的に活用する
  4. グルーピングの見直し、商品タイトルの順序調整など、継続的にチューニングする
具体的な改善方法やテクニックなどの詳細は、ブログや無料の改善ガイドでも公開していますので、ご参考ください。
フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中
Close