データフィードで
商品データを
トップセールスに。
Google、Criteo、Facebook、Yahoo!、LINE、Indeedなど主要媒体に標準対応
利用継続率 98% のデータフィード管理ツール
お電話でのお問合せ: 03-5846-7016 (平日10:00~17:00受付)
今、データフィードへの注力が進んでいます
商品データを元に確度の高いマーケティング施策を実施でき、機械学習の利用や自動化で工数削減が進むデータフィード分野。Googleショッピング広告Facebookダイナミック広告Criteo などの人気媒体に加え、InstagramショッピングYahoo!動的ディスプレイ広告LINE Dynamic Adsなどの新しい媒体も増える中、各社データフィードへの注力が進んでいます。
平均 3.4 フィード
ダイナミック広告にYahoo!やLINEも参入し、Instagramショッピングも話題に。複数媒体の活用がトレンドです。
広告CVの 50%
データフィード媒体は効果が高く、広告経由コンバージョンの要となることも多くなっています。
担当者 1人~
機械学習の利用や自動最適化が進み、運用負荷が少ないため、少人数チームが成果を出しています。
少人数で、大きな成果
データフィードの活用を進めている企業では、これまでエンジニアや協力会社に任せていたデータフィード運用を広告運用者が行うことで、少人数でも驚くほどの成果を出すことに成功しています。また、こうしたマーケティング・広告運用担当者のうち88%が、データフィード管理方法として「ツール」を採用しています*。
*2018年11月 当社調べ
継続率98%のデータフィード管理ツール「dfplus.io」
dfplus.ioでは、データフィードのスピーディな作成はもちろんのこと、広告配信後のフィードチューニングも柔軟に行えます。設定内容はいつでも確認できるので、最適化ノウハウをチームで共有したり、他の媒体に転用したりも手軽に実現できます。また、複数サイト・複数データフィードの統合管理、エラー状況の可視化、無制限でのユーザー追加、専用FTPアカウント作成機能など、統合管理のための機能も兼ね備えています。

手元で完結
手元でデータフィード作成・管理が完結するため、コミュニケーションコストを大幅削減。スピーディな施策実施が可能です。
初心者も安心
データフィード初心者の方にもわかりやすいUIで、"詳しい人"に属人化しない運用体制を実現します。サポートも充実。
強力な機能
自動最適化をはじめ、フィード自動作成、人的ミス回避など、年100回以上の機能改善を行っています。主要媒体に標準対応。
主要ダイナミック広告、データフィード媒体に対応
強力な機能が多くの広告運用者から支持されています
最適化結果プレビュー
設定保存した結果をすぐに確認
柔軟な最適化ルール
条件と処理を組み合わせて、商品タイトルの最適化や不要商品の除外を実現
複数フィードの管理
同じ商品情報を使用するデータフィードの稼働状況を一覧で把握
自動最適化
頻出パターンでは細かい設定なしに商品データを自動変換
商品画像の最適化
FacebookやInstagramでの画像仕様に合わせて商品画像を加工可能(ベータ)
複数サイトを集約管理
複数のクライアントのデータフィードを一つのアカウントで管理(広告代理店向け)
dfplus.ioは、マーケティング・広告運用チームのための
データフィード管理ツールです。
お電話でのお問合せ: 03-5846-7016 (平日10:00~17:00受付)
「働く」を豊かにする。
株式会社フィードフォースはデータフィード分野をリードする上場企業です。
長年のダイナミック広告運用の経験や、広告媒体との密な連携が
dfplus.io の開発に活かされています。
マーケティング・広告運用担当者が手元でデータフィードを運用するメリットや、dfplus.io の詳しい機能はこちら
Close